なんかいいことないかな

アクセスカウンタ

zoom RSS こねこ ねこ ねこ(=・ω・=)その20

<<   作成日時 : 2008/10/25 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像



初めて猫を飼い始めたのは11年ほど前になります。
そこから始まる pipi家の にゃんこ物語。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


こねこ ねこ ねこ 物語 最終章です。


画像


          自分の子でもないのにここまでなかよくなりました

画像
画像
画像


        ところどころ茶色が混じるけど綺麗なグレイの縞猫です
               顔も整ってると思います。


画像


この日を最後に ぷりんは行方不明です
帰ってくると期待して 捜さなかった…
もう後の祭りでした
はやく行動に出ていれば もしかしたらと思うと悔やまれます
約10年pipiを支えてくれた ぷりん
いろんな状況の中で彼女がいることが支えだった時期もあったのに

クマは ぷりんを捜して
しばらく切ない声でないていました
pipiも 切なかったです…



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

もうクマもニケももうすぐ2歳
子猫の時期は過ぎました
『こねこ ねこ ねこ』は閉じますが
少しづつまた クマ ニケをUPしていきたいと思います

また 前に戻ってカラオケや 詩 や ひとりごとも
ぼちぼちUPしていきます
今まで読んでくださった方
応援してくださった方 ありがとうございました
皆さんのとこには積極的に遊びにいきますので よろしくですw

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ   無謀にもランキングに参加しました 
             ぽち して ホスィo((*゚Д゚*))oホスィ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
(〒0〒)オロローン・・・
ぷりんちゃん…お母さんとしてのお役目を果たしたのですね…ニャンコは子猫が大きくなると母親がその場を去るようですね…クマちゃんもニケちゃんももう大丈夫ね…って思いで子離れだったんだろうね…でも悲しすぎます。
我が家の初代のニャンコは自分の命が尽きるころ忽然と姿を消しました。歩けもしなかったのに…
消息がわからないのは死を看取るより思いが残ります。
どこかでぷりんちゃんが幸せだったと信じたいですね!
また、ニケちゃんやクマちゃんの姿を見るの楽しみにしてます♪
まぁーこ
2008/10/25 22:37
え?えええ〜〜!!??
ぷりんママ…。
そんな悲しいことがあったなんて。
ぷりんちゃんの身に
何が起こったのでしょう…。
でも、今もきっとどこかで元気に
生きていてくれてる…
そう思いたいですよね。

大きくなったクマちゃん、
二ケちゃんとの生活、
これからも記事のUPを
楽しみにしています!!

まろん
2008/10/25 22:50
はじめまして(o^―^o) いつもは読み逃げです
ぷりんちゃんとの別れ
帰ってくると思っちゃうんですよね。ウチでもひとり。2匹♂がいたので片方が別のテリトリーを求めて旅立ったようです。 クマちゃんニケちゃんのCuteな情報楽しみにしていますね。
momsa
2008/10/25 23:13
 いつもコメントありがとうございます。
 うちのオーナーさんも、過去に飼い猫が突然行方不明になった経験があるようです。何日も近所を探し回ったそうです。私は、動物を飼うのが初めてなので、別れの辛さを経験していませんが・・・・
 応援します!
kun
2008/10/25 23:42
まぁーこさん ☆
子離れだったのでしょうか
もともと家出癖のある猫だったので
すぐ帰ってくるとたかをくくってたのが
今では悔やまれます。
幸せになっていると 信じたいですね
看取るのも悲しいけど
なんだか 罪悪感が残ってしまって
今でも 似た猫を見かけると 
ぷりん〜って呼びかけてしまいます。
pipi
2008/10/26 12:09
まろんさん ☆
うんうん…。
クマが 玄関で 哀しい声で
ニャーニャーとなくのです。
いつも ピャッとしかなかないのに
それは 『おかーさーん おかーーさーーん』
って聞えました
ニケがいたのできっと救われたのだと思います
今ではそんな切ない声でなくことは無くなりました
思い出すことは あるのでしょうか。
pipi
2008/10/26 12:15
momsaさん ☆
コメントありがとうございます
そっかー テリトリーは確かに…
狭いアパートなので 
大人猫3匹は多いかもしれませんね。
今までみたいに在庫写真からのUPは
出来ないので 毎日は難しいかもしれませんが
また 覗きにきてくださいね。
pipi
2008/10/26 12:22
kunさん ☆
こちらこそ 訪問&コメント
ありがとうございます
オーナーさんも 
悲しい別れ経験したんですね
猫は自分の死期を悟ると
どこかへ行ってしまうというのは
聞いたことはあるけど
幸せにすごしていると思わせる
そんな消え方はもしかしたら
思いやりなのかもしれないと
最近思います。
pipi
2008/10/26 12:30
ご訪問&コメントありがとうございます。
ぷりんちゃんはザンネンですが、
残していってくれた沢山の大切な物があるのですね。
私も何度か別れを経験しているので辛さが判ります。
けど、その辛さの縁で今の子達がいます。
幸せだったからこの子達も幸せあげてねって
言っているようです。
縁って不思議なものです。
michi-h
2008/10/26 14:40
michi-hさん ☆
コメントありがとうございます
@あしお気に入りに
入れさせていただきました
〉幸せだったからこの子達も幸せあげてね
そうですね
今いる子達を 幸せにしてあげることが
免罪符になるのならって思えました
ありがとう。
pipi
2008/10/26 15:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
クマ

こねこ ねこ ねこ(=・ω・=)その20 なんかいいことないかな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる